日本ボクシング連盟が主催した男子エリート合宿(1~4日・東京都内)に、浜松市出身で、フライ級(52キロ以下)の坪井智也選手(22)=自衛隊体育学校=が参加した。坪井選手は「東京五輪には、必ず選出されるように努力する」と決意を新たにした。

 東京五輪に向けて組まれた男子エリート合宿には、各階級の国内トップ級の選手が一堂に会した。全四十二人が、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターと、東洋大総合スポーツセンターに分かれ、午前六時からの走り込み、同十一時からのミット打ちや筋力トレーニングのほか、午後五時からの実戦形式の練習などで鍛えた。

 ピリピリとした緊張感が漂...    
<記事全文を読む>