桃の節句の3日、小田原市城山の城山陸上競技場で、女子ラグビーの全国選手権大会(日本ラグビー協会主催、小田原市後援)が初めて開催された。

 今年で5回目を迎える同大会は、大学や社会人のチームが参加し、女子ラグビー界の頂上決戦。午前中から5位、3位の各決定戦が行われ、決勝は日本体育大学ラグビー部女子(関東大会優勝)と、社会人や大学生の合同チームBlue Peaglets(関西大会優勝)が対戦した。

 時折強い雨が降る中、前半終了間際に先制した日体大が後半の追い上げから逃げ切り、8-7で連覇した。日体大には加藤憲一小田原市長から寄せ木細工の記念トロフィーが贈られた。<...    
<記事全文を読む>