ラグビーの全国女子選手権は3日、神奈川・小田原市城山陸上競技場であり、東西の1位チームによる決勝は、関東1位の日本体育大がパールズ(三重)中心の関西1位、ブルー・ピーグレッツを8―7で下して2連覇した。

日体大は前半40分、ブルー・ピーグレッツの反則からPGを決めて前半終了間際に3点リード。後半立ち上がりにも1トライを奪い、リードを一時8点に広げた。

ブルー・ピーグレッツは後半モールなどで果敢に敵陣に攻め込み、25分にはナンバーエイト齊藤聖奈(パールズ)のトライで5点、HO谷口琴美(パールズ)のゴールで2点を加え1点差に迫った。

試合終了間際の39分に...    
<記事全文を読む>