国際自転車ロードレース「ツール・ド・熊野」を主催する特定非営利法人スポーツプロデュース熊野(角口賀敏理事長)は1日、大阪市北区のグランフロント大阪シマノスクウェアで会見を開き、5月30日から6月2日まで熊野市などで行われる2019年大会の概要を発表した。

「ツール・ド・熊野」は国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレースで、UCIアジアツアーの一つ。大会は5月30日の新宮市内での個人タイムトライアル(0.7キロ)を皮切りに、31日=第1ステージ・和歌山県新宮市内(113.2キロ)▽6月1日=第2ステージ・熊野市・御浜町(109.3キロ)▽2日=第3ステージ・和歌...    
<記事全文を読む>