フェンシング男子エペ日本代表で29歳の伊藤心(いのち)=自衛隊、二ツ井高―中大出=は、昨年12月の全日本選手権個人戦で3年ぶりの準優勝。剣を握る左手のけんしょう炎に悩まされて低迷していたが、東京五輪代表入りへ復活ののろしを上げた。

 昨年11月のスイス・ワールドカップ(W杯)は151位に終わった。しかし2016年リオデジャネイロ五輪で団体銀メダルのイタリア選手と1本差の接戦を演じ、敗れはしたがいい感触をつかんだという。

...    
<記事全文を読む>