アーチェリー男子の日本代表入りが決定した磐田市出身の小笠原奨悟さん(22)=同志社大4年=が1日、市役所を訪れ、渡部修市長に今後の抱負を語った。
 小笠原さんは昨年11月に掛川市で開かれたナショナルチーム選考会で8位に入り、ジュニア時代に出場した年代別の選考会を含め6回目の挑戦で初の日本代表入りを決めた。4月からは東京都の企業に勤めながら東京五輪出場を目指す。小笠原さんは「何度も落選してきたのでうれしい。競技だけでなく私生活でも、日本代表としての自覚を持った言動を心掛けたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>