バドミントンのドイツ・オープンは28日、ミュルハイムで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで北都銀行の永原和可那、松本麻佑組は香港ペアを下し8強入りした。米元小春、田中志穂組は前日の1回戦で韓国ペアに敗れた。混合ダブルスの永原、保木卓朗(トナミ運輸)組も1回戦で敗退した。

...    
<記事全文を読む>