数々の日本代表を輩出し、広島の「お家芸」とも言えるソフトテニスに大きな変化が訪れている。長らく個人戦で主流だったダブルスが昨夏のアジア大会で廃止されたことで、シングルスの存在感が増している。国際的な流れを受け、日本連盟はシングルスに特化した大会を新設するなど強化に乗り出した。

...    
<記事全文を読む>