第57回全琉アマゴルフ選手権大会(主催・県ゴルフ協会、琉球新報社)は27日、沖縄県今帰仁村のオリオン嵐山GCで第2日を行った。一般の部(6814ヤード)は新城ディラン唯人(美らオーチャード)が2オーバー、74で回り、通算3オーバーの147で、36ホールで争った予選ラウンドの首位に立ち、決勝ラウンド進出を決めた。女子Bの部(5893ヤード)は比嘉ゆかり(嵐山)が9オーバーの81、ミッドシニアの部(6342ヤード)は川満源次(パーム)が4オーバーの76で、それぞれ予選トップで通過した。いずれの部門とも18ホール、パー72。大会は28日が最終日となり、一般、シニア、ミッドシニア、女子A、女子...    
<記事全文を読む>