ゴルフの2017年日本女子アマチュア選手権覇者、18歳の安田祐香が巣立ちの春を迎えた。今月1日、滝川第二高を卒業し、4月から大手前大(兵庫県西宮市)に進学。学生生活を送りながら今秋のプロテスト合格を目指す。「ゴルフ漬けにならず、さまざまなことを学んでゴルフに生かしたい」と、新たなステージから目標に向かう。

 高校2年時に日本女子アマを制して一躍脚光を浴び、ナショナルチーム入り。3年時の昨夏はプロの試合で優勝争いを演じて3位に食い込み、世界女子アマチーム選手権では個人2位の好成績で日本代表を引っ張った。

...    
<記事全文を読む>