コニカミノルタ陸上競技部主将で宇都宮市出身の宇賀地強(うがちつよし)(31)が4月から、同部のプレーイングコーチに就任することが13日までに分かった。第一線での選手活動に区切りをつけ、今後は指導者として若手の育成に取り組む。

 宇賀地は作新高から駒大に進み、箱根駅伝優勝に貢献。2010年にコニカミノルタへ入社し、12年から約6年半も主将を務めた。積極的なレース展開が持ち味で、13、14年には全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で2連覇を飾った。

...    
<記事全文を読む>