第22回日本学生ハーフマラソン選手権大会は10日、東京都立川市で開かれ、相沢晃(東洋大3年、学法石川高卒)が1時間1分45秒で優勝した。ハーフマラソン県記録を11秒更新し、7年ぶりに県記録を塗り替えた。

...    
<記事全文を読む>