陸上長距離で2011年の全国都道府県対抗男子駅伝での本県初優勝に貢献した八木沢元樹(やぎさわげんき)(26)=那須拓陽高-明大-ヤクルト=が3月いっぱいで現役を引退することが7日までに分かった。自身のツイッターで意向を明らかにした。今後は社業に専念する。

 八木沢は那須拓陽高3年時の10年に全国高校総体男子1500メートルで準優勝し、11年の全国都道府県駅伝では1区で区間賞に輝いた。明大では箱根駅伝を計3度走り、3年時の13年は出雲駅伝で2区区間賞を獲得。ヤクルトでは全日本実業団対抗駅伝などに出場した。

...    
<記事全文を読む>