プロバスケットボールB1は30日、各地で9試合を行い、東地区2位の栃木ブレックスは、千葉県の船橋アリーナで同1位の千葉と対戦、86-95で敗れ、連勝は3でストップした。通算成績は41勝10敗で、千葉とのゲーム差は3に広がった。

 リーグ最高勝率を争う両チームは、序盤から激しい守り合い。先行を許したブレックスは、ジェフ・ギブスの力強いドライブなどで食い下がり29-41で前半を折り返した。

...    
<記事全文を読む>