67-67で残り4秒余り。群馬のケネディがシュートを外して仙台の安部がリバウンドを奪う。すかさず前線へ走り込んでいたティルマンへパス。ティルマンは守備を外してレイアップシュートを放つ。
 試合終了のブザーと、群馬ブースターの悲鳴が交錯する中、ボールはゴールに沈んでいった。
 負ければプレーオフ進出の望みが限りなくゼロになる一戦。仙台は12人の選手のうち3人がけがで戦線を離脱している。敵地の寡兵戦。圧倒的に不利な立場だった。
 それでも気持ちで上回った。ゴール下に飛び込んで来る206センチのクウソーを、180センチ足らずの日本人ガード陣が体を張って止める。テ...    
<記事全文を読む>