バスケットボール男子のB2は27日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同2位のFE名古屋に延長の末、84―85で敗れた。通算41勝11敗で、地区優勝へのマジックナンバーは3のまま。

 信州は出だしからFE名古屋に主導権を握られ、前半を29―38で折り返した。第3クオーター(Q)に14本のフリースローを決めて5点差に詰め寄ると、第4Qには7本の3点シュートで追い付いた。延長では石川の3点シュートなどで一時はリードを奪ったが、84―82の残り7秒でFE名古屋に逆転の3点シュートを決められた。

 ...    
<記事全文を読む>