プロバスケットボールB1は27日、各地で9試合を行い、東地区2位の栃木ブレックスは、ブレックスアリーナ宇都宮で同5位の秋田と対戦。99-54で快勝し3連勝。通算成績は41勝9敗で順位は変わらない。

 ブレックスは前半、前線からのプレスや比江島慎(ひえじままこと)らのブロックショットなど守りがさえ、39-21と大量リード。第3クオーター(Q)に遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)、鵤誠司(いかるがせいじ)の3点シュートなど連続13得点でさらに突き放し、試合を決めた。

 また、この試合では腰痛のため昨年10月20日の北海道戦以来欠場していたブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた...    
<記事全文を読む>