Bリーグプレーオフのチャンピオンシップ(CS)進出を決めた栃木ブレックスが、好調なチーム成績に比例するようにホームゲーム観客数を伸ばしている。ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館、通称ブレアリ)の客席数を増やし、日本代表の比江島慎(ひえじままこと)の加入も追い風となった。平均観客数は過去最多だった昨季を200人上回って推移しており、シーズン記録更新が確実視されている。

 ブレアリで9、10の両日に行われた三河戦。9日は4548人、翌10日は4658人が入場し、県内ホームゲームの最多観客数を2日連続で更新。会場はチームカラーの黄色で染まり、声援に後押しされるようにチームも...    
<記事全文を読む>