プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区1位)は23日、滋賀県のウカルちゃんアリーナで滋賀レイクスターズ(西地区2位)と今季第48戦を行い、78―81で敗れた。成績は30勝18敗となった。キングスは滋賀に3連敗。キングスは17日の試合で足首を負傷したジェフ・エアーズの穴を埋めようと、スコット・モリソンが初出場し、攻守のリバウンドで力を発揮した。古川孝敏も3日以来の出場でハードワークに徹した。試合は序盤から一進一退の攻防が続く中、滋賀の外国人選手2人のコンビプレーや日本人選手の3点弾に苦しんだ。さらに第4クオーター(Q)終盤に3点弾を2連続で決められ、振り切られた...    
<記事全文を読む>