バスケットボール男子のB2は23日、兵庫県宝塚市総合体育館などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同3位の西宮と対戦し、2度の延長の末、93―87で勝った。信州は2連勝で通算41勝10敗。2位のFE名古屋も勝ち、地区優勝へのマジックナンバーは「3」となった。

 信州は第1クオーター(Q)、マーシャル、マクヘンリーが攻撃の軸となり、9点をリード。第2Qは組織的な守りで西宮のシュートを防ぎ、38―27で前半を折り返した。後半は一転して西宮にペースを握られ、第4Qに追い付かれた。パスが回り始めた2度目の延長で15得点を挙げ、競り勝った。

 信州は27...    
<記事全文を読む>