バスケットボール男子Bリーグ2部は23日、宝塚市立スポーツセンター(兵庫)のほか9試合があり、中地区3位の西宮は今季初の再延長の末、首位の信州に87-93で競り負け、2連敗となった。通算成績は27勝24敗。

 西宮は11点を追う後半、バーンズの3点シュートやウォルドーのゴール下シュートなどで追いつき、延長に持ち込んだが決着せず、2度目の延長へ。ウォルドーが5ファウルで退場するなどし、得点を伸ばせなかった。

 西宮は魅力あるチームだ。ドライブから外角へのパス、空間の生かし方に優れ、相手指揮官に「最もリスペクトするチームの一つ」と言わしめた。だが、この日の西宮は負け...    
<記事全文を読む>