バスケットボール男子のB2は22日、兵庫県宝塚市総合体育館などで2試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同3位の西宮に87―82で競り勝った。信州の通算成績は40勝10敗。2位のFE名古屋は試合がなく、地区優勝へのマジックナンバーは「4」となった。
 信州は第1クオーター(Q)、ボールを奪ってからの速攻で得点を重ねて4点をリード。第2Qは相手外国人を止められずに36―40と逆転を許したものの、第3Qは西宮に11ファウルを誘い、再び3点をリードした。第4Qには石川の10得点などで突き放した。
 信州は23日午後2時から、同体育館で再び西宮と対戦する。 <記事全文を読む>