プロバスケットボールB1第28節は17日、各地で9試合を行い、東地区2位の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区2位の京都と対戦、75-82で敗れて連勝は9でストップした。通算38勝9敗で順位は変わらないが、首位千葉とは2ゲーム差に開いた。

 ブレックスは一度もリードすることなく敗れた。第1クオーター(Q)から相手外国籍選手2人らの得点を許し、速攻からライアン・ロシターらがダンクシュートを決めるが18-23。第2Qも守備が空転し、内外の両面でシュートチャンスをつくられ、37-49で前半を折り返した。

 第3Qは堅守でわずか11失点に抑...    
<記事全文を読む>