バスケットボール男子のB2は17日、福島市国体記念体育館などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは東地区4位の福島に74―86で逆転負け。信州は連勝が4で止まり、通算39勝10敗。2位のFE名古屋も敗れたため、地区優勝へのマジックナンバーは「5」となった。

 信州は2点リードで迎えた第2クオーター(Q)、ラベネルを軸に内角から攻め込む福島の迫力に押され、34―35と逆転を許した。第3Qに3点シュートを4本決めて23得点で再びリードを奪ったが、第4Qは展開の速い福島の攻めに対応できず、30失点で再逆転された。

 信州は22、23...    
<記事全文を読む>