インサイドを攻め続けたことが、終盤の3点シュート攻勢の呼び水となった。仙台は第4クオーターに7本の3点シュートを浴びせて山形を破り、昨年11月以来の4連勝を飾った。
 序盤から沢辺やティルマンが果敢にドライブでアタックし続け、ゴール下ではミラーも奮闘した。第3クオーター終了時点で、チーム総得点の6割に当たる30点をゴール下で稼いだ。
 山形の守りの意識も自然と内へ集まる。第4クオーターは外が空き、菅沢を皮切りに、安部、ティルマン、沢辺が次々と沈めて流れを引き寄せた。
 試合を決定付けた7本目は沢辺。「ノーマークは迷わず打つと決めていた。ドライブも工夫したこ...    
<記事全文を読む>