バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は17日、つくばカピオなどで9試合が行われ、茨城ロボッツは八王子に81-77で競り勝った。通算成績32勝17敗、順位は東地区2位のまま。同首位の群馬とのゲーム差は変わらず4。

ロボッツは12点を追う第2クオーター、守備から流れをつかんで攻撃につなげた。同点で迎えた第4クオーターはシーソーゲームになったが、福沢の3点シュートなどが要所で決まった。

東地区1位の群馬はFE名古屋に96-94で競り勝ち、36勝13敗。

■茨城ロボッツ・岡村SVC 気持ちこもった試合

<記事全文を読む>