バスケットボール男子のBリーグ2部は第26節第1日の16日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで仙台(同地区)と対戦し、73―77で敗れた。通算成績は18勝30敗。順位は5位のまま。

 山形は中島良史、河野誠司、古橋広樹、チュクゥディエベレ・マドゥアバム、ウィル・クリークモアが先発。山形は立ち上がりでリードを許したが、徐々にペースを取り戻して前半を32―35で折り返した。10点前後の差を付けられる苦しい時間が続く中、クリークモアら主軸が得点を重ね、追い上げた。終盤に逆転し勝利をつかみかけたが、あと一歩及ばなかっ...    
<記事全文を読む>