バスケットボール男子1部のBリーグは16日、9試合を行った。東地区最下位のレバンガ北海道は北海きたえーるで中地区最下位の横浜に73―82で敗れ、Bリーグではワーストタイで今季2度目の8連敗となった。通算成績は10勝36敗で、順位は変わらず。地区2位以上を除く勝率上位2チームがチャンピオンシップ(CS)に進出できるワイルドカード争いで、レバンガはリーグ戦残り14試合を全勝しても2位チームを上回れなくなり、CS進出を逃した。

 レバンガは前半、34―33とリードして折り返したが、後半にパスミスやシュートミスを重ね、最後は9点差をつけられた。17日も北海きたえーるで午後2時5分か...    
<記事全文を読む>