日本人ビッグマンの野口が、B1通算千得点まであと5点に迫っている。達成すればレバンガの日本人選手では折茂、多嶋、桜井に続き4人目。野口は「(千得点は)通過点でしかないが、ホームで決めたい」と気合を入れる。

 今季スターターとしての出場は2試合のみ。トラソリーニら外国籍選手のバックアップとして、選手を休ませたりファウルトラブルになったりした場面で出場し相手のビッグマンとマッチアップすることが多い。10日に北海きたえーるで行われた名古屋D戦では日本人選手で最多の10得点を挙げ、体を張ったディフェンスでも存在感を示した。

 内海HCは「野口に頑張ってもらわないと、勝負...    
<記事全文を読む>