レバンガのフィールドゴール成功率は秋田の42・9%を下回る33・3%。フリースローも20本中10本しか決められず、成功率は秋田の62・1%に対して50%にとどまった。これだけミスをすれば、勝つのは難しい。内海ヘッドコーチは「シュート確率も悪く、自分たちが途中で我慢できなくなった」と敗因を語った。

 ゴール下の攻防でも劣勢だった。リバウンドの数は秋田より15も少ない36。秋田にオフェンスリバウンドを取られて2次攻撃を許す場面が目立った。

...    
<記事全文を読む>