バスケットボール男子のB2は10日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで8試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同地区5位の東京Zを68―58で下した。信州は3連勝で通算成績を38勝9敗とし、地区優勝へのマジックナンバーを「8」に減らした。2位のFE名古屋も勝ったため、ゲーム差は6のまま。

 信州は第1クオーター(Q)、ゴール下を固めて10失点に抑え、7点をリードした。第2Qはマクヘンリーを軸とした攻撃で、37―23とリードを広げた。第3Qは東京Zのジョンソンに13得点を許して11点差に迫られた。第4Qも東京Zにペースを握られたが、マーシャルの11得点な...    
<記事全文を読む>