バスケットボール男子のBリーグ2部は第25節最終日の10日、各地で8試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで熊本(西地区)と対戦し、95―90で勝利した。連敗を4で止め、通算成績は18勝29敗。順位は5位のまま。

 山形は中島良史、高松勇介、古橋広樹、チュクゥディエベレ・マドゥアバム、ウィル・クリークモアが先発。互いに第1クオーター(Q)から速いテンポの攻撃で得点を重ねた。山形は精度の高い外角シュートが決まり、前半を49―47で折り返した。後半は第3Qで安定した守備からリズムに乗ってリードを広げ、逃げ切った。
<...    
<記事全文を読む>