相手の守りに合わせて柔軟に攻めた仙台が主導権を握り続けた。
 序盤、福島が、2人がかりでプレスを掛けるダブルチームの守備を多用してきた。そこを逆手に取り、早めのパス回しで4対3と仙台の攻撃の人数が1人多い状況をつくった。
 福島のダブルチームが減った第2クオーター以降、攻め方を変えた。仙台のスクリーンに対応しようと福島がマークを入れ替えることで発生するミスマッチをうまく突いた。身長の低い相手ガードを背負った長身のティルマンが起点となり、泉らがフリーでシュートを高確率で決め、得点を重ねた。
 守りでは、ルーズボールに安部や泉ががむしゃらに飛びつくなど、チーム...    
<記事全文を読む>