プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区)は9日、沖縄市体育館で富山グラウジーズ(中地区)と今季第43戦を行い、72-69で競り勝った。通算成績は28勝15敗。最終第4クオーター(Q)、残り2分を切り67-67と一進一退の攻防の中、キングスは岸本隆一の3点弾でリードし、その後も岸本がフリースローを沈め、粘る富山を振り切った。

 攻撃力の高い富山に対し、キングスはゾーン守備でゴール下をきつく守り、富山の重量級外国人選手の得点力を抑えにかかった。攻撃は3点弾やペイントエリアの攻撃を使い分け、先行する時間を長く保つ。第3Qに追い上げられて接戦とな...    
<記事全文を読む>