バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは、同リーグ1部(B1)昇格に必要なB2プレーオフ(PO)進出の可能性がワイルドカードを含め消滅したことが8日、明らかになった。今季での昇格はなくなった。

 Bリーグによると、B1とB2はそれぞれ東、中、西の3地区に分かれる。B2はシーズンに60試合を戦い、各地区1位の3チームに加え、ワイルドカード(地区2位で最高勝率)の1チームを含め4チームが昇格を争うPOに臨む規定。山形は現在17勝28敗で、現時点でワイルドカード対象チームの島根(西地区2位)は32勝13敗。今季の残り試合数は15試合の...    
<記事全文を読む>