バスケットボール男子、B2仙台は2、3日、奈良市のならでんアリーナで、西地区5位の奈良と対戦する。1日は仙台市太白区のHALEOドームで1時間半練習し、ゾーン守備の攻略を確認した。
 仙台は前節リーグ1位の信州に2連敗し、プレーオフ進出に黄信号がともっている。奈良とは昨年11月に対戦して2戦2勝。攻撃から守備への切り替えの遅さを突き、沢辺らが速攻から得点を重ねた。桶谷監督は「展開の速いバスケで、どんどん畳み掛けていく」と話した。
 ◇
 痛恨の2連敗を喫した前節の信州戦で、ベテランの俊野が右膝に大けがを負った。新号も2月に左肩を故障して戦線離脱しており、残...    
<記事全文を読む>