サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸に新加入したMF八坂芽依が31日の新潟戦を控え、気持ちを高ぶらせている。古巣との初対決に、22歳は「成長した姿を見せたいし、絶対に負けられない」と気合を入れる。

 豊富な運動量とスピードを生かした突破が武器で、21日の開幕戦は途中出場後わずか6分で移籍後初ゴールを挙げた。だが、初先発した24日の仙台戦では決定機を逸し、チームも引き分け。「もっとハードワークし、ワンチャンスを決めないと」。試合後、映像を見返し、目に焼き付けた。

...    
<記事全文を読む>