鳥栖は守りの集中力が高く、横浜Mの猛攻を封じて引き分けた。

 鳥栖は前半から豊田、金崎の両FWが前線から相手に激しくプレス。中盤の福田、原川らも連動して動き、相手の攻撃の芽を摘んだ。40分には豊田が競り合ったボールを拾った福田がシュートを放ったが、枠を捉えきれず0-0で折り返した。

 後半は横浜Mに主導権を握られた。セカンドボールを拾われ、波状攻撃を受けたが、GK大久保が好セーブを連発。相手シュートがクロスバーやポストを直撃するなど運も味方し、無失点で切り抜けた。攻撃では終盤にFWクエンカを投入したが、得点は奪えなかった。

...    
<記事全文を読む>