札幌は今季も赤い羽根共同募金に協力し、リーグ戦での勝ち点1または、1得点につき3千円を寄付する。

 2009年に始め、今年で11年目。12年からは道内の福祉施設に車の寄贈を行っている。

 27日は札幌市西区の宮の沢白い恋人サッカー場で練習後に、選手会を代表してMF荒野拓馬が「積極的に活動するので、みなさんもご協力をお願いします」とサポーターに呼び掛けた。

...    
<記事全文を読む>