ホーム開幕戦で価値あるドローを勝ち取った。仙台がINAC神戸から勝ち点を得るのは2季ぶり。昨季はリーグ戦2試合で計9失点と圧倒された相手と互角に渡り合った。チーム再生を支えるのが大卒新人の松井だ。
 中盤の底で攻守に力を発揮した。まずは守備。仲間と連動しながら相手の動きを見て、ボールを奪いに行くか、間合いを取ってパスコースを消すかを使い分けた。中2日の過密日程。「体がきつい部分があったので、守備に行くところと行かないところをはっきりできた」と落ち着きがあった。
 ボールを持っても冷静だった。相手のプレスをかいくぐり、長短のパスを供給。奈良からのビルドアップを前線へつ...    
<記事全文を読む>