札幌のFW鈴木武蔵が先発で日本代表デビューを果たした。後半20分までプレーし、決定機もつくった。「この貴重な経験を大事にしたい」。敗戦にも充実感を漂わせた。

 最大の見せ場は前半37分に訪れた。中島が左サイドで球を持つと、ファーで相手左サイドバック(SB)の背後を取り、中島の高速クロスに頭で合わせた。「SB(の身長と位置取り)が低くて競り勝てると思った」と言うが、ゴール右に外れた。

 念願のフル代表入り。2012年に当時J1の新潟に入団後、故障に苦しみ主力に定着できずにいた。そこで2年前から個人トレーナーの指導でけがをしにくい体を手に入れ、効果的な体の使い方も覚...    
<記事全文を読む>