サッカーJ2のFC琉球は徳島ヴォルティス戦(16日)を2―1で勝利し、開幕4連勝を挙げた。シーズン開幕からおよそ1カ月。勝ち続けているのは琉球と柏レイソルのみ。琉球は得失点差で柏を上回り、現在単独首位にいる。J2昇格組の開幕連勝記録を更新し、「ホーム無敗」もJ3時代の2017年9月から24試合連続となり、ファンと一体となった戦いで白星を重ね続ける。1試合平均2点以上挙げるなど、樋口靖洋監督が始動時に掲げた「勝ち切るサッカー」を体現し、J2元年も多くの県民を魅了している。

...    
<記事全文を読む>