女子サッカーのなでしこリーグ2部は21日に開幕する。10チームによるホームアンドアウェー方式の総当たりリーグ戦で覇を競う。参入2年目の静岡産大磐田は、昨季の7位から「トップ3」へ飛躍を期す。
 今季は地元出身選手の補強に成功した。藤枝順心高からINAC神戸入りし、昨季はオーストラリアでプレーしていた浜松市出身のFW平野里をはじめ、DF山中(日体大フィールズ横浜、常葉大橘高出)、FW島村(日体大、藤枝順心高出)、FW小針(日体大フィールズ横浜サテライト、常葉大橘高出)らが加入。総勢47人の大所帯となった。
 スローガンは「シンカ」。真価を問われる2年目のシーズンに進化...    
<記事全文を読む>