途中出場のハモンロペスが今季初得点を記録した。0-2の後半40分、永戸の左クロスを遠いサイドで待ち構え、頭で合わせた。リーグ戦では流れの中で決まったチームの今季初ゴール。「相手選手の後ろに立てて、いい位置取りだった。飛んだ相手のタイミングがずれたのも良かった」と語った。
 2点を追う劣勢の中、後半21分にシマオマテに代わってピッチに入り「何かしら貢献したかった」。寄せの素早い相手と競り合い、少ない出場時間で存在感を発揮。チームは最下位に沈んだが「もう忘れて、次の試合に集中したい」と前を向いた。

...    
<記事全文を読む>