明治安田J3第2節最終日は17日、長野市の長野Uスタジアムなどで6試合を行い、ホーム開幕戦に臨んだAC長野パルセイロは日本フットボールリーグから参入した八戸に0―2で敗れた。1分け1敗のAC長野は勝ち点1で15位。

 AC長野は妹尾が初先発して1・5列目、東がボランチに入った。前半はAC長野がシュートを7本放つなど、絶好機もつくったが無得点。36分に右クロスからのピンチで、ペナルティーエリア内で浦上がファウルを取られ、PKを決められた。後半は八戸にボールを持たれる時間が増えると、36分に右クロスを三田(上松中―青森山田高―法大出)に頭で直接押し込まれた。
<記事全文を読む>