サッカー女子なでしこリーグ2部の静岡産業大磐田ボニータの選手らが15日、磐田市役所を訪れ、渡部修市長に今季の抱負を語った。
 ボニータは昨季、同リーグ2部に初参戦し、7位で残留した。今季は3位以内を目指す。24日にヤマハスタジアムでホーム初戦を行う。
 平野麻美主将は「サッカーでも生活でも前進と深い学びを心掛け、チームで磐田を盛り上げていきたい」と話した。他の選手も「責任感を持って試合に臨みたい」「チームの勝利に貢献したい」と意欲を述べた。

   ...    
<記事全文を読む>