北海道コンサドーレ札幌は、きょう17日のホーム鹿島戦に向け、試合会場の札幌ドームで最終調整を行った。ミニゲームで主力組に入ったFWアンデルソン・ロペス(25)は、開幕から4戦連続の先発が濃厚だ。前節は4得点を挙げてJ1得点ランク単独1位に浮上。ピッチ下に“落下”する珍事もあり世界でも反響を呼んだが、次はプレーのみ魅了し、鹿島から18年ぶりの勝利をものにする。

 鹿島戦は地に足つけて、勝利だけを見据える。練習を終えたAロペスは「(鹿島は)数多くタイトルを獲ってきたチームだけど、うちもしっかり準備してきた。勝利にこだわりたい」と力を込めた。

...    
<記事全文を読む>