J1広島のチーム走行距離が伸びている。今季3試合の1試合平均は119・672キロで、昨季の開幕3試合より3・475キロ増加。大分に続くリーグ2位となっている。若手の台頭で走力のある選手が増えた一方、今季取り組むボールを保持して戦う戦術が、発展途上にあることを示す。

...    
<記事全文を読む>