サッカーのFC琉球がJ2参戦元年、開幕3連勝と好スタートを切った。同リーグでの昇格チームの開幕からの連勝は初めて。3試合で9得点は他を引き離してトップに立つ。この破壊力ある攻撃陣を支える一人がFW上門知樹(21歳、うるま市出身、与勝高出)だ。166センチと小柄だが、補って余りある走力とゴールへの「嗅覚」を生かし、ここ2試合とも1ゴールずつ決め、チームの躍進に不可欠な存在となっている。入団後の3年間はプロのレベルの高さにもがいた。磨いてきた技術がやっと開花し始めた今季。男手一つで育ててくれた父・幸重さん(51)や家族、地元沖縄のため、「勝負の年」に輝きを狙う。

 (喜屋武研伍)
...    
<記事全文を読む>