サッカーJ1サガン鳥栖の運営会社「サガン・ドリームス」は今季、鳥栖市京町の駅前不動産スタジアムでのホーム戦で、サポーターの持病などを事前登録し、迅速な救急対応を図る「セーフティーカード」を無料配布している。「世界一安全なスタジアム」を目指す。一昨年にホーム戦を観戦していた女性が急病で倒れたのをきっかけに、安心して試合を観戦してもらおうと導入した。

 カードの表面には、フェルナンドトーレス選手ら選手や監督の写真を掲載。裏面のURLやQRコードからインターネットサイトに接続し、通院歴や服用薬、血圧などを入力する。救急対応が必要になった際は、クラブスタッフが観客のカードから登録情...    
<記事全文を読む>